ひのろーぐ 月10万円の愛犬の治療費をブログで稼ぐブロガー

『Google XML sitemaps』のインストール手順と設定方法を解説します【アドセンス審査にも使います】

プラグイン


「『Google XML sitemaps』ってなーに?」


「googleさんに記事を見つけてもらうためのプラグインだよ」

この記事でわかること

  • Google XML sitemapsのインストール手順
  • Google XML sitemapsの設定方法

※2021年に『Google XML sitemaps』は、『XML sitemaps』に名称が変わりましたので、ここからは『XML sitemaps』とします。

『XML sitemaps』は、WordPressのプラグインなんですが、設定してしまえば自動でサイトマップを生成してくれます。

また、『XML sitemaps』は、ブログ訪問者さんのためではなく、検索エンジン用のサイトマップなんですね。

Googleロボットが世界中のネットを徘徊していて、みんなの記事を探して出して検索エンジンに登録(インデックス)してくれます。

ですので、特にアドセンス審査の時に、アナタの書いた記事が存在していないと(インデックスされていないと)、Googleさんも審査のしようがないのです。


「だからアドセンス合格するためには必要なんだね。」


「そうなんだよ。アドセンスの審査が通らない理由の一つに、投稿した記事がこの世に存在していないことになっているんだね。」

それでは、『XML sitemaps』のインストール手順と設定方法を解説していきます。

『XML sitemaps』のインストール手順

まずはプラグイン→新規追加と進んで、『XML sitemaps』で検索してみましょう。

上記の画像は、『Google XML sitemaps』で検索していますが『XML sitemaps』で検索してもオッケーです。

画面をスクロールしていくと『XML sitemaps』が出てきますので今すぐインストールをクリックします。

『XML sitemaps』のインストールが終わりましたら有効化をクリックしましょう。これでインストールは完了しましたので続いて設定をしていきましょう。

『XML sitemaps』の設定方法

無事に『XML sitemaps』を有効化できましたら、続いて

設定→XML Sitemap

と進みましょう。

ボクの設定は以下の通りですが、基本同じようにして頂ければオッケーです。

これで『XML sitemaps』の設定は完了です。どんどん記事をアップしていきましょうね。

合わせて読みたい『Google Search Console(通称:サチコ)』で記事をインデックスする手順と登録の確認方法