1年前に書いた記事がTwitterでバズりました【1記事3,700アクセスオーバー】No.23

1年前に書いた記事がTwitterでバズりました【1記事3,700アクセスオーバー】No.23

「昔は結構ヤンチャでした」
とか言う後輩いるんですが、

そういう奴ほど、
いざケンカになると
すぐ逃げる人が多いと思う
ひのざきです。

今回は合法的な弱いモノいじめ
についてお話ししたいと思います。

ブログでは弱いモノいじめが合法です

そういえば今日は7月1日です。
今年の折り返し地点がはじまりました。

前回のメルマガでも
お伝えしましたが、

今年の目標を達成するために、
ボクはフルスロットルで
愚直に作業を続けていきます。

皆さんも、ぜひ目標に向かって
日々充実した生活を
送ってくださいね。

それでは本題に入ります。

弱いモノいじめですね。
対人じゃないですよ。
ブログ記事のお話しです。

このメルマガをお読みの方は
ご存知だと思いますが、

ボクは『FAAP』という
アドセンスに特化した教材を
実践しています。

念のためこちら

↓↓↓↓↓

https://hinologue.com/lp/faap/

↑↑↑↑↑

今日ですね、
何気にGoogleアナリティクスを
チラっと見たら、

いつもと違う感じの
数字が飛び込んできました。

▼コレ▼


ある記事がバズってました。
この記事はですね、

『FAAP』のノウハウに従って、
1年前に書いた記事なんです。

その記事のキーワードは、
「○○+○○」の2文字の
キーワードです。

これが強いライバルがいる
キーワードじゃなくて、

弱いモノいじめ的な
戦い方なんですね。

言い方悪いですけど、
メッチャ納得できる
表現だなと(笑)

大谷翔平が小学生の大会に
出ちゃうようなものです。

もう、無双状態ですね。

「○○+○○」の2文字の
キーワードで書いた記事を、

Twitterでも「○○+○○」を
含めたツイートをして
記事のリンクを貼ってたんです。

もう1年も前のことなんで、
すっかり忘れてましたが。

でも、「○○+○○」の
キーワードで検索1位なので、

日本のどこかで、
「○○+○○」を見た人が、

「何だ今の!?」って、
一斉にスマホで調べるわけです。

しょっちゅうあることでは
ないかもしれませんが、

検索1位をキープしていれば、
バズっちゃうわけですね。

ブログをやっていると、
SEOがどうのとか、
広告費がどうのとか、

まぁそれも一つの戦略なので、
大事ではあるんですけど、

単純に弱いモノいじめ戦法は、
ガチで効果の出る戦法です(笑)

だって、今の時間で、
この1記事だけで
3,500アクセスいってますから。

なので、これからも
『FAAP』のノウハウで
記事を量産していきます。

もちろん格安な外注さんに
記事を書いてもらいますがね。

もし、イマイチ
キーワード選定が
わからないのであれば、

どんな風にわからないのか
メッセージください。

またはメルマガ登録時に
お送りした限定記事で
復習してみてくださいね。

あ。
まだメルマガ登録されていない人は、
こちらをチェックしてみてくださいね。

もちろん『FAAP』をまだ
購入していないのであれば、
ぜひチェックしてみてください。

↓↓↓↓↓

https://hinologue.com/lp/faap/


↑↑↑↑↑


ラブ挿入

あとがき

冒頭でお話しした、
会社の後輩なんですが、

営業車で移動してた時、
後ろの車に煽られたら、

運転してた後輩が、
煽り返したんですね。

ボクは、
「お前やめとけよ」
と伝えたんですが、

なんだかスイッチ入ったのか、
止めないんです。

なので、
「ケンカになっても俺止めないから」
って言ったら煽るの止めたんです。

その時点で
後輩の魂胆というか
本質が見えましたね。

「お前、絶対昔ヤンチャじゃなかったろ?」
そう確信しました(笑)

とにかく煽り運転は
やめましょうね。

加害者にも被害者にも
なりたくありません。

巻き込むのも
巻き込まれるのも
絶対嫌ですから。

皆さん、ご安全に。

じゃあの