Twitterだけでシンプルに稼ぐ方法とは!?【マスターすればどんなビジネスも成功します】No.25

いきなりですが、皆さんは
「今の生活に満足してますか?」

ちなみにボクは煩悩の
カタマリなので、
全然満足していません。

それこそ副業ブログで
稼ぐようになっても、

まだまだ満足する
レベルではありません。

おそらく一生かかっても、
満足はしないでしょう。

では、
「毎日充実した1日を過ごしていますか?」
と聞かれたらどうでしょう。

ボクは一応充実した生活は
できていると言えます。

このメルマガでは、
ふざけたシモネタしか言わない
おっさーんと思っていることでしょう。

間違いないです(笑)

間違いはないんですが、
ネットビジネスに対しては、

真剣に考えて
日々行動しています。

充実した生活を送るために副業で稼ぐ

まず一つ目の
毎日のルーティンは、

2つのアカウントの
Twitterで情報発信してます。

最低でも午前中に2回ツイート、
午後に2回ツイート、
夜に2回ツイートです。

2つのアカウントなので、
×2だから、
1日最低12回はツイートします。

しかも単なる、
「今日はこのAVみます!!」とか、

「コロナ落ち着いたら
早く風イ谷行きたい!!」
とか、

そんなくだらない
ツイートではありません。

願望はあるの?とか
ツッコミいりません

一つのアカウントは、

まさにこのメルマガのように、
ブログやアドセンスで
稼ぐための情報発信です。

ボクが実践している
FAAPのノウハウを、

ネタバレしない程度で
ブログ初心者さん向けに、

それこそタメになるように、
興味を持ってもらえるように
ツイートしています。

とはいえ、実はボクも最近Twitterに
力を入れたんですけどね。

あ。もしTwitterされているなら、
ぜひフォローしてくださいね。

↓↓↓↓↓

https://twitter.com/TakatohHinozaki

↑↑↑↑↑

そしてもう一つは、
Twitterだけで稼ぐことを
発信しているアカウントです。

「ブログ書くのはちょっと・・・」
「まずは簡単に稼ぎたい・・・」

そんな甘っちょろい考えの人に
向けて情報発信しています。

例えば、SEOもキーワード選定も
関係なく稼げるとか、

最高140文字だけを
呟くだけで稼げるとか、

転売のように、在庫要らないし、
梱包とか必要無いとか、

ブログみたいに、
サーバー代・ドメイン代とか必要無いとか、

そんなんで稼げるなんて、
最高じゃないですか!!と。

あ、でも勉強のための
初期投資として、

24,800円は必要ですと。
ただそれだけですと。

そしてこのリンクを貼っておけば、

↓↓↓↓↓

https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/Flx9FwjH/

↑↑↑↑↑

これで興味を持った人が、
ポチッとクリックして、

買ってくれれば、
ボクに報酬が入ります。

実際、既に元取れたので、
これからはプラスになる一方です。

この教材の良いところは、

・まだ販売されて間もない

目新しい

・購入者だけが販売できる

売れればアフィリで半額報酬が入る

・Twitter力が身に付き、
ネットビジネスに活かせる

ジャンルごとに別アカウント
作れば報酬も倍増

まぁ興味があればぜひ。

↓↓↓↓↓

https://7-floor.jp/l/c/xFMWkzsy/Flx9FwjH/

↑↑↑↑↑

はい。紹介タイムは終わりです。

ボクのルーティンの話しでしたよね。

昼の休憩時間には、
スマホでエロ動画をチェック。

これは言わなくて良いやつ

時を戻そう。

えっと、
もちろんメインはブログなので、

今は主に、
・アドセンス記事のキーワード選び
・特化ブログの構築ですね。

これらの作業を本業とは
別にこなしているので、
充実感しかありませんよ。

それもこれも当面の具体的な
稼ぎたい額や将来の目標が
明確にあるからです。

それでですね、
ふと考えたんです。

ブログをやっていなかった頃の
生活ってどんなだっけなと。

そうです、
まさに会社行って
仕事して帰る毎日です。

刺激のある時間は、
休みの日の好きなフットサルや、
キックボクシングジム行くことです。

てことは、1週間のうち
刺激のあることって、
1日ぐらいしかないわけです。

それ以外は慣れてしまった仕事を
単純に繰り返すだけ。

しかもどれだけやっても、
給料は変わりません。

生活の質もそのままだと、
死ぬまで一緒です。

というか、コロナだったり、
会社だって、いつどうなるか
わからないんで、

最悪給料ダダ下がりどころか
プーちゃんも考えられます。

「だっふんだ!!」

ですよね、
そんな毎日。そんな人生って。

まぁ本業でも誇りを持って
仕事をしていますし、

今の仕事を軽く見てる
わけじゃないですよ。

ただ現実それだけじゃ
満たされないということです。

「吾唯知足」(われただたるをしる)
という言葉があります。

京都の龍安寺にあるつくばいに
「吾唯知足」と掘られています。

意味は
『私は満ち足りていることを知り十分である』
ですね。

今の生活に満足すること。
本当に良い言葉ですね。

嫁さんに、
「ヴィトンのバッグが欲しい」だの、
「タワマンに住めなきゃ離婚」
とか言われると、

「われただたるをしれ!!」
って言いたくなります。

ウチじゃないです念のため

ただですね。
とても良い言葉ではあるんですが、
敢えて悪い意味で捉えると、

向上心もなく刺激も覇気もない人生で
終わって良いのか?ということです。

ボク個人的には、
贅沢が悪いとは思いません。

贅沢だってしたいですし、
色々な欲求を満たすことも
大事だと思います。

ただ、心がすさんで
人として醜くなるのは
意味がないと思ってます。

やっぱり一度しかない人生、
刺激があってワクワクもしたい。

社会人になってからは、
そんな感情しばらく忘れてました。

でも思い出してみてください。

子供の頃って、毎日が楽しくて、
色んなことに興味があって、
色んな発見しましたよね。

廃品回収とかで
エ口本があるとわかれば、

隣町でも獣のように
漁りに行きましたよね

ボクだけ?

おほん。

とにかく『ワクワクすること』って、
何歳になっても大事だと思います。

アナタはどうでしょうか?

ボクはその『ワクワクすること』を
求めるために、
副業で稼いでいるのかもしれません。

今の給料じゃあ
その『ワクワクすること』は求められません。

だって、ブログで稼いで、
『ワクワクすること』を
知ってしまったから。

子供の頃のような、
刺激があって、ゲラゲラ笑って、

気づいたら1日が終わってる毎日なんて、
最高じゃないですか?

とはいえ、まだまだ満足はしていません。
この味を知ってしまった以上、
まだまだ上を目指したいんです。

そのためには、色々なことを
インプットして知識を蓄えます。

そしてその知識をアウトプットして、
色々な人に還元します。

人間としても、ビジネスマンとしても
成長していきます。

もうね、極上な上昇スパイラル
しかないわけです。

アナタはあと何年ぐらい生きられますか?

ボクは平均寿命からすると、
あと20年ちょっとでしょう。

生まれた時から20歳なんて、
あっという間でしたが、

おそらくそれ以上に
あっという間ですよ。

そんな限られた時間に
会社と自宅の往復だけとか、
もう勘弁してほしいです。

せっかく知り合えたご縁です。

もし、アナタがまだ行動していないなら、
今回の記事が良いきっかけになったら
モーレツに嬉しいです。

まずはやりたい事を見つけて、
それに向かって全力で行動する。

良いことが待っているはずです。

ラブ挿入。

あとがき

ボクはですね、コロナ前の話しですが、
毎年海外旅行に行くのが1年の楽しみでした。

しかもですよ、そのメンツというのが、
ボク、奥さん、高校の同級生、
後輩の2人の計5人なんです。

男4人と女1人です。

最初はタイ、翌年はバリ、そしてドバイ。

・・・・・、今「マジ?」って思いました?
確かに普通は考えられないですよね。

でも奥さん公認ですし、なんなら昔海外に住んでた
奥さんが色々手配してくれます。

で、昨年だったか奥さんの会社連中の
バーベキューに呼ばれた時に、

なんでかそんな話となり、

奥さんの上司に
「それはちょっとあり得ないね」
と言われました。

ボクは、イラっとして、
「ボクと奥さんの関係性、そして友人後輩を含めた
関係性を知りもしないで、

そのような発言されるということは、
仕事ができない上司って陰で部下から言われません?」
と言いたくなりました。

もちろん言ってないですよ(笑)
奥さんの立場もあるし。

昔、プロ野球の選手で牛島和彦さんという
ピッチャーがいたんですけどね。

リリーフでマウンドに立つ時に、
監督から「あいつはこれまで3打席連続で打っている。
お前の得意なボールで勝負しろ!」
と言われたそうです。

普通のピッチャーなら、
監督の言われたとおりに従ったでしょう。

ただ、牛島さんは、
「バッターのこれまで3打席全ての配球を見ないと投げれません。
ストレートを打ったのか、フォークを空振りしたのか、

私の仕事は一か八かの投球でなんとかなるほど甘い仕事ではないので、
事前の情報から判断して決めます。」
そう答えたそうです。

凄くないですか!?

それまでの流れがあるんです。
その時だけの情報で判断してはダメなんだって。

あー、やっぱり奥さんの上司に言ってやりたかったなぁ。

じゃあの。