ひのろーぐ 副業で月10万円の愛犬の治療費を稼ぐサラリーマンブログ

セールスやアフィリエイトは購入者のためであり自分勝手に決めつけちゃあダメな話し

メルマガバックナンバー

ティムポフ!!
※ジンバブエ(ショナ語)で「仕事納め」の意味。

まぢで嘘はやめれ。

ひのざき(TakatohHinozaki)です。
んちゃ!!

ついに今日で仕事納めとなりました。
ひゃっほ~い!!

さて、《磨の巣》について、
先日からお話しさせて
頂いております。

12月30日に値上げしちゃう、
セールスが苦手な人に
読んでもらいたいアレね。

↓↓↓

»セールスと寝た女の教材《磨の巣》

↑↑↑

例えば、
「こんな高額な商品売れないよ~」
とか罪悪感で委縮しちゃう人。

まぁ過去のボクでもありますが。

そんなこんなで、
実際にあったお話しを
させて頂きます。

ボクの本業は、
音楽家やミュージシャン、
ピアノの先生とか、

楽器を演奏する方が、
苦情が来ないように
防音室を造りたい、

そんな防音専門会社で
かれこれ20年も
営業やっています。

防音室って知らない人からすると、
「高っけーーーー!!」
っていうイメージだと思います。

実際、防音室を
検討している人から
問合せがあって、

「6帖250万円です」って
答えると、

予備知識の無い人は
「検討してまた連絡します」
ってなりますから。

で、入社2年目だったかな、
こんなことがありました。

電話がかかってきて、
「DTM用の防音室を造りたい」
と。


DTM=デスクトップニュージック

電話の声からすると、
まだ若いんだろうなぁと。

バンドマンって、
お金無いのに、
理想は高いんだよなぁと。

(過去のボクです)

でですね、
見積するには部屋を見ないと
いけないので行ったんですね。

玄関開けて出てきたのは
金髪のお兄ちゃん。

「うわー、絶対やらねーな」と。

まぁとりあえず、
部屋の寸法を測って、
要望を聞いて。

ピッピッピッと電卓弾いて、
概算で金額を伝えたんですね。

8帖でスタジオ仕様(吸音)なので、
「ザックリ●●●万円です。」

お金無さそうだし、
金額聞いてビビるなと。

そしたらその彼は、
「あ、じゃあそれでお願いします」

「・・・・・・」

え?やるの?

心の声
「●●●円じゃないよ。」
「●●●万円だよ。」

そして彼は、
一枚の年賀はがきを
差し出してきました。

「今作ってる年賀状ですけど、
ボクはこういうものです」

名刺代わりに差し出してきた
年賀はがきには、

彼が写っていて、
グループ名が書いてあって。

「・・・・・・」

え?あの●●●●!?

「はい、そうです。」

その彼は紅白出場もしている、
あのグループのメンバーだったんです。

結局、
彼と契約させて頂き、

その後ライブにも
招待して頂いたり、

たまたまボクの先輩バンドの
サポートもやったりと、

色々なご縁があって
素晴らしい御方なんです。
ボクより年下なのに(笑)

この教訓は、

・見た目で判断するな
・高いかどうかは買い手が判断する

です。

売り手のボクらが、
勝手に「この商品高いよな」と、

セールスしたら、
「高い!!」って言われるのが、
ストレスなんだよなと。

で、ボクのセールスメンターが、
こんな例え話をしてくれました。

もし、お前が病気になって、
本当はすぐに手術が必要なぐらい
重い病気になったとしよう。

そして医者が、
お前を見た目で判断したとしよう。

あー結構ヤバいなぁ。
すぐ手術しなきゃいけないんだけど、
こいつ金無さそうだしな。

お金がないんじゃあ手術したいって
言っても無理だよな。

とりあえず痛み止めでも
出しときゃいいか。

本当は手術が必要な状態なのに、
勝手な判断で薬で済ます医者。

そしてもう一方、

いいですか、よく聞いてください。
すぐにでも手術をしなければ
命に関わります。

しかしこの手術を受けるには、
高額な金額がかかってきます。

それでも私はあなたの命を
救いたいです。
全力でアナタを救いたいんです。

どっちの医者が、
お前にとって必要な医者なのかと。

もう言わずもがなですよね。

これをセールスに置き換えると?

高額な商品だからといって、
相手の反応を見てもいないのに、

自分でブロックかけちゃうなんて、
相手にも失礼になりませんか?

本当にその商品が良くて、
その商品を必要としてくれるなら?

買うかどうかはその人が
自分で本当に必要かを判断し、

納得してはじめて、
自分で手にするんです。

ボクも本業が営業マンなので、
セールス本を何冊か読みました。

確かになるほどなぁと
思う本もありましたが、

よくよく考えてみると、
当たり前のことを

それがセールスの本質なんです!!
とか。

一般論をあたかもそれっぽく、
力説している本が多いんです。

もちろん全部が全部とは
いいませんよ。

巡り合えていないだけ
かもしれませんので。

ただですね、
【磨の巣】はそこらへんの
セールス本と一味違います。

「こうした方が良いよ」とか、
おしつけがましいのではなく、

セールスに対する
「気づき」だったり、

元々抱えていた違和感を、
ズバっと突き刺してきます。

販売者の小雪さんって
この業界では有名な方だそうで。

アフィリエイター小雪さんの
とりこになっちゃいました。

だって肩書きが、
「セールスと寝た女」ですぜ。

《磨の巣》を読めば読むほど
セールスって面白いんだなと。

セールスが面白くなってくれば、
売上もどんどん上がってきます。

そして《磨の巣》は、
購入者ファーストなので、

・極端にクレームも少ない
・リピーター続出

これ、
ガチでヤバいよヤバいよ~。

そんな《磨の巣》を
チラッと見てみるなら。。。

↓↓↓

»セールスと寝た女の教材《磨の巣》

↑↑↑

ラブ挿入。

あとがき

やっと仕事納めでした。

今年は悔しいけど、
メンタルやられた時期も
あったから疲れたなぁ。

皆さんは
どんな一年でしたか?

ボクは、今年から
メルマガを始めて、

徐々にですが、
読者さんも増えてきて。

ブログで月3万円稼ぎたい!!
いずれはもっと稼ぎたい!!

同じ志を持った方が、
ボクのメルマガを読んで頂いて、
本当に感謝しています。

まぁほとんどシモネタや
くだらない話しが多いですが。

いや、たまには真面目な話を
しとるがなーーー!!

おほん。

それでも楽しく
読んで頂けているなら、

辛い仕事や、
ブログで疲れた合間に
ホッと一息付いて頂けるなら、

メルマガをやっていて
良かったなと思います。

これからも一緒に
同じ目標に向かって
走っていきたいですね。

じゃあの。