情報商材を買ったのなら最低限は元を取ろう【その後は爆上がりします】

情報商材を買ったのなら最低限は元を取ろう【その後は爆上がりします】

ティムポフ!!
※古代ギリシャで行われていた現代の「カーリング」

なんでやねん。


んちゃ!!ひのざき(TakatohHinozaki)です。

以前のメルマガで、
「ノウハウコレクターにならないために」
という内容をお送り致しました。

コレ

↓↓↓

「私そうでした・・・」など
メッセージを頂きまして、
なかなか反響があったなと。

なので、今回もうちょっと
深堀りして考えてみたいなと。

ボクもある種、
ノウハウコレクターなので(笑)

「これ良さそうだな!!」
そう思ったら、

ついつい「ポチっとな」と、
購入ボタンをクリックしてしまいます。

セールス系の書籍だったり、
アフィリエイトのノウハウ本だったり。

あとは%%sei%%さんもご存じ、
『稼ぐ系の情報商材』ですね。

そしてボクが常に心掛けていることは、

【最低限、元を取る】

お金を支払ったのなら、
自分への投資ということです。

ボクらが生活する中でも、
例えばラーメン800円なら、
800円分の価値があるから払います。

メッチャ不味くても払いますが(笑)

マッサージに行けば、
疲れた体を癒やしてくれる対価として、
3,000円払います。

スペシャルな内容のとこだと
3万円以上払うとこもあります。

これこそ完全に元を取らなきゃです

おほん。

ノウハウコレクターの人は、

この【最低限、元を取る】を
徹底されていないのではないかと。

ただ単にノウハウコレクターで
終わらないためには、

【最低限、元を取る】

その上で、
そこからプラスに持っていくことを
思考する、実践する。

『稼ぐ系の情報商材』も、
支払った分は回収せねばいけません。

【最低限、元を取る】

最低限ですよ。

ちなみに、
『稼ぐ系の情報商材』は、
稼ぐために買うわけだから、

元も取った後は、
絶対に稼がねばいけません。

ボクも、このメルマガを読んでくださる
%%sei%%さんもです。

ちなみにボクが紹介している、
アドセンス教材『FAAP』は、
購入者にアフィリエイト権があります。

簡単に言えば、
2万円の教材が一つ売れたら、
1万円の報酬が入るということです。

なので、ボクとしては、
実際に『FAAP』を購入して考えたのは、

当時のボクと同じような状況、

アドセンスで缶コーヒーも買えない人が、
『FAAP』を購入し実践法することで、

月3万円稼げるようになる人が、
2人購入してくれれば元は取れるし、

3人目からはどんどんと
プラスになっていくと考えました。

『FAAP』もそうですし、
ボクが他にも紹介している

『ツイブラ』や『磨の巣』も、
購入者にアフィリエイト権があります。

自分も稼げるようになって、
購入者さんも稼げるようになる、

これが理想なんですね。

そのためには、
教材を買った後が大事です。

まずは自分に
先行投資をした金額を、

購入した教材を正しく実践して、
【最低限、元を取る】ことを徹底する。

じゃないと、悪い意味で
ノウハウコレクターの出来上がりです。

シックスパックになりたくて買った
腹筋ローラーがどこかにいって、

耳が痛い

細マッチョになりたくて買った
ボクサー仕様の重い縄跳びを失くす。

トラウマ発動

今のボクの体は、
夏の海ではしゃげない体です。

まぁ世の中、
どこにでもある話です。(遠い目)

ラーメンのスープは最後の一滴まで
きちんと飲み干すのに、

たかーーーい教材は、
最後までやり通さないのはなんでだろー?

もう、
こんなもったいないおばけが出ること、

これからの人生やめましょう!!

自分が稼いだ大切なお金は、
きちんと使う。

支払った金額は、
【最低限、元を取る】

そして、
そこからどんどんプラスに持っていく。

稼ぐ系教材はもちろんのこと、
自分が支払うモノ全てに徹底すれば、

人生爆上がりすると思いませんか!?

モノは大切に、
お金は大切に、
時間は大切に、
仲間は大切に、
親兄弟は大切に、
犬・生きるものは大切に。

うん、
言いこと言った!!

汗水垂らして手にしたお金、
有効に使いましょうね。

ラブ挿入。

もくじ

あとがき

北京オリンピック
あっという間に終わっちゃいました。

恐らくボクの中で、
史上一番全く見ていなかった
オリンピックとなりました。

恐らくボク自身、
ウィンタースポーツが
苦手ということもあるかもしれません。

スノボーとかスキーとか、
30代前半に行ったきりです。

昔付き合ってた彼女と行った時、
彼女にカッコいいところを見せたくて、

彼女の目の前ギリギリで
ストップするのをやりたかったんですが、

止まりきらずに、
思いっきりスライディングをかましました。
日向小次郎みたいに。

こーいうやつ。

日向小次郎のスライディングタックル

マワリニイタヒト、
ワラッテタアルヨー。

ボクハカノジョヲ
ケガサセタアルヨー。

しかし!!
そのせいで別れたわけではありません。

彼女が会社の女先輩の彼氏を
好きになったことが原因で別れました。

もちろん、先輩の彼氏なので、
片思いだったみたいですが。

・・・・・。

とにかくスノボーなんて大嫌い。

じゃあの。

アドセンスを外注化してラクに稼ぐ

情報商材を買ったのなら最低限は元を取ろう【その後は爆上がりします】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ